岩国駅(西口)

いわくに
JR西日本 山陽本線
山口県岩国市

岩国駅
旧西口駅舎正面 平成23年8月11日撮影
岩国市の玄関駅。岩徳線や錦川鉄道が接続しており、駅前には市街地が広がっています。なお、当駅は開業当時の玖珂郡麻里布(まりふ)村に設置され、江戸時代より城下町として栄えて来た旧来の岩国の町からは東に4キロほど離れていましたが、岩徳線の開業と新たな岩国駅(現在の西岩国駅)の設置に伴い麻里布駅に改称。その後、岩徳線がメインルートから外れたため再度当駅が岩国駅の名を称することとなりました。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は明治30年に「岩国」駅として開業。昭和4年に「麻里布」駅に改称し、昭和17年に元の駅名に再改称。写真の旧西口駅舎は建物財産標によると昭和23年に建てられたもの。駅舎橋上化工事のため平成27年に解体。
れとろ駅舎HOME >> 山陽・山陰のれとろ駅舎 >> 岩国駅(西口)
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
岩国駅
旧西口駅舎入口 平成23年8月11日撮影

岩国駅
平成7年当時の旧西口駅舎 平成7年10月10日撮影

岩国駅(東口)


岩国駅(東口)
東口駅舎正面 平成23年8月11日撮影
東口はいわゆる裏口的な存在で、駅前にはビルや商店、住宅などが建ち並んでいます。
【分類】 現役駅舎
【考察】 東口駅舎は昭和27年に建てられたもの。
れとろ駅舎HOME >> 山陽・山陰のれとろ駅舎 >> 岩国駅(東口)
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
岩国駅(東口)
ホーム側から見た東口駅舎 平成25年8月31日撮影

岩国駅(東口)
平成7年当時の東口駅舎 平成7年10月10日撮影