糸崎駅 いとざき
JR西日本 山陽本線
広島県三原市

糸崎駅
駅舎正面 平成25年10月12日撮影
三原市の郊外にある駅。
駅前を国道2号線が通っており、国道沿いに商店や住宅が建ち並んでいます。

両隣の三原駅や尾道駅と比較すると、当駅の乗降客数はそれほど多くありませんが、JR西日本の広島支社と岡山支社の境界駅となっており、駅構内に車両基地を擁しているため、列車運転上の拠点として当駅を始発・終着とする列車が多く設定されています。また、駅の裏手は港湾施設となっており、かつては貨物駅としても重要な役割を担っていましたが、現在は列車による貨物輸送の取り扱いは行われていません。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治25年に「三原」駅として開業し、明治27年に現在の駅名に改称。
現在の駅舎は昭和20年に建てられたもの。
れとろ駅舎HOME >> 山陽・山陰のれとろ駅舎 >> 糸崎駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
糸崎駅
ホーム側から見た駅舎 平成25年10月12日撮影

糸崎駅
平成7年当時の駅舎 平成7年3月10日撮影