一畑口駅 いちばたぐち
一畑電車 北松江線
島根県出雲市

一畑口駅
駅舎正面 平成22年7月22日撮影
一畑電車(開業当時は一畑軽便鉄道→一畑電気鉄道)の社名は、一畑薬師への参詣客輸送を目的として設立されたことに由来しており、大正4年には一畑薬師の麓にある一畑駅までの路線が開業しました。
当時、この駅は小境灘駅という中間駅でしたが、昭和3年にはこの駅から北松江駅(現在の松江しんじ湖温泉駅)までの路線が開業し、分岐駅となりました。

昭和19年には一畑駅までの区間が休止。後に廃止されたため、現在はこの駅が一畑薬師の最寄り駅となっていますが、残った路線はどちらも南側へ延びているため、線路はスイッチバックの配線となっています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は大正4年に「小境灘」駅として開業し、昭和27年に現在の駅名に改称。。現在の駅舎の建築時期は不明だが、平成13年に大幅に改装されている。
れとろ駅舎HOME >> 山陽・山陰のれとろ駅舎 >> 一畑口駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
一畑口駅
平成12年当時の駅舎 平成12年8月15日撮影