後藤駅 ごとう
JR西日本 境線
鳥取県米子市

後藤駅
駅舎正面 平成25年10月14日撮影
米子市の市街地の北部にある駅。山陰地方に初めて鉄道が敷設された際に設置された古い駅で、駅名は当時の鉄道敷設に尽力した地元の実業家・後藤快五郎氏に由来するそうです。また、駅の南東方にはJR西日本の後藤総合車両所が設けられており、西日本有数の鉄道車両工場として機能しています。平成12年の訪問時には駅の北口に小さなプレハブの駅舎を設け、そちらで切符の販売などを行っていましたが、平成17年頃にはプレハブの駅舎は撤去され、現在は無人駅となっています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治35年に開業。現在の駅舎は昭和13年に建てられたもの。
れとろ駅舎HOME >> 山陽・山陰のれとろ駅舎 >> 後藤駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
後藤駅
ホーム側から見た駅舎 平成25年10月14日撮影

後藤駅
平成12年当時の駅舎 平成12年8月15日撮影

後藤駅
平成12年当時の北口駅舎 平成12年8月15日撮影

後藤駅
現在の駅北口 平成25年10月14日撮影