吉見ノ里駅 よしみのさと
南海 南海本線
大阪府泉南郡田尻町

吉見ノ里駅
駅舎正面 平成12年4月7日撮影
泉南郡田尻町の玄関駅。
駅の北西側に町の中心部が広がっており、住宅や商店などが建ち並んでいます。

田尻町は明治22年に日根郡田尻村として成立し、昭和28年に町制施行されましたが、成立以来他の市町村と合併することなく現在に至っています。また、当町は、同じ南海本線の沿線に位置し国内で最も面積の狭い町となっている泉北郡忠岡町よりもさらに面積の狭い町でしたが、近年造成された関西国際空港の敷地(空港島)の約3分の1が町域に編入されたため町域が拡大し、忠岡町の町域面積を上回りました。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は大正4年に開業。現在の駅舎の建築時期は不明。
れとろ駅舎HOME >> 近畿のれとろ駅舎 >> 吉見ノ里駅
れとろ駅舎 Copyright (C) Com-it & Matcha All Rights Reserved.
吉見ノ里駅
線路側から見た駅舎 平成12年4月7日撮影