養父駅 やぶ
JR西日本 山陰本線
兵庫県養父市

養父駅
駅舎正面 平成23年5月6日撮影
養父市養父地区(旧・養父郡養父町)にある駅。
駅の周囲は農村地帯で、駅前から南側にかけて民家が建ち並んでいます。

駅開業当時の所在地名は養父郡大蔵村で、駅名は古くからの宿場町でもあった駅北方の養父郡養父市場村に由来したと思われますが、大蔵村は昭和30年の合併により養父郡南但町となり、翌年には朝来郡和田山町の一部となったため、当駅は養父郡の郡域から外れてしまいます。しかし、昭和34年には境界変更により当駅付近(和田山町大字堀畑の一部)が養父郡養父町に編入されたため、再び養父郡の郡域に復帰しました。
【分類】 現役駅舎
【考察】 明治41年の駅開業当時からの駅舎。
れとろ駅舎HOME >> 近畿のれとろ駅舎 >> 養父駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
養父駅
駅舎内部 平成23年5月6日撮影

養父駅
ホーム側から見た駅舎 平成23年5月6日撮影

養父駅
平成14年当時の駅舎 平成14年9月9日撮影