畝傍御陵前駅

うねびごりょうまえ
近鉄 橿原線
奈良県橿原市

畝傍御陵前駅
駅西口のエントランスとなっている旧駅舎 H28(2016).8.14
【分類】 旧駅舎(現存)
【考察】 駅は大正12年に「畝火山」駅として開業。「畝傍山」駅、「神武御陵
前」駅への改称を経て、昭和14年に東側に移転の上現在の駅名に改称。
写真の旧西口駅舎のは駅移転時に建てられたものと思われる。平成5年
頃に現在の地下駅舎が完成。
れとろ駅舎HOME >> 近畿のれとろ駅舎 >> 畝傍御陵前駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
橿原市にある駅。駅の周囲には住宅や商店が建ち並んでおり、西側には畝傍山と駅名の由来となった神武天皇陵(畝傍御陵)が広がっています。
また、現在の駅は地下駅舎となっていますが、地下通路の西側の出入口には旧駅舎が残されており、駅のエントランスとして機能しています。
畝傍御陵前駅
ホーム側から見た旧駅舎 H28(2016).8.14
畝傍御陵前駅
旧駅舎 H14(2002).4.14
畝傍御陵前駅
駅東口 H14(2002).4.14