鶴原駅

つるはら
南海 南海本線
大阪府泉佐野市

鶴原駅
駅舎 R2(2020).10.25
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は大正5年に開業。現在の駅舎の建築時期は不明だが、平成27-28年頃
に正面部分を縮小。山側の改札口は平成29-30年頃に新設。
れとろ駅舎HOME >> 近畿のれとろ駅舎 >> 鶴原駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
泉佐野市の北部にある駅。駅の周囲には商店や住宅が建ち並んでいます。

平成12年当時の駅舎と現在の駅舎を比較すると、駅舎の正面部分が若干減築されており、併せて踏切の歩道部分が拡張されています。また、上下線ホームは地下通路で結ばれていますが、バリアフリー化に伴い下りホーム側(山側)に改札口が増設されています。
鶴原駅
駅舎 R2(2020).10.25
鶴原駅
駅舎内部 R2(2020).10.25
鶴原駅
縮小前の駅舎 H12(2000).4.7
鶴原駅
縮小前の駅舎 H12(2000).4.7
鶴原駅
山側の改札口 R2(2020).10.25
【乗車駅証明書】
鶴原駅 乗車駅証明書