曽根駅

そね
JR西日本 山陽本線
兵庫県高砂市

曽根駅
駅舎 H29(2017).5.28
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治21年に「阿弥陀」駅として開業し、明治35年に現在の駅名に
改称。現在の駅舎は昭和2年に建てられたもの。
れとろ駅舎HOME >> 近畿のれとろ駅舎 >> 曽根駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
高砂市の北部にある駅。駅の周囲には商店や住宅が建ち並んでいます。
駅の所在地は昭和31年までは印南郡阿弥陀村で、当駅も開業当時は村名を採って阿弥陀駅と称していましたが、その後、曽根天満宮の門前町として、また、製塩業の町としても賑わっていた曽根の町の名を駅名としました。
なお、当駅から曽根の町の中心部までは2キロほど離れており、そちらには山陽電鉄の山陽曽根駅が設けられています。
曽根駅
駅舎 H12(2000).8.26
曽根駅
駅舎 H8(1996).12.23
【切符】
曽根駅 きっぷ