汐見橋駅 しおみばし
南海 高野線
大阪府大阪市浪速区

汐見橋駅
駅舎正面 平成28年8月14日撮影
大阪市浪速区にある、通称・汐見橋支線の起点駅。地下鉄千日前線および阪神なんば線の桜川駅と接続しており、周囲には商業ビルやマンションが建ち並んでいます。
当駅は高野線の前身である高野鉄道のターミナル駅として開設されたため、現在でも高野線の起点として登記されていますが、南海鉄道との合併を経て高野線の列車は難波駅に乗り入れるようになり、難波駅から1.2キロほどしか離れていない当駅はターミナルとしての機能を失いました。また、平成7年に行われた岸里玉出駅の改良工事により汐見橋支線と高野線の直通はできなくなったため、現在は当駅と岸里玉出駅とを結ぶ区間列車のみが発着しています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治33年に「道頓堀」駅として開業し、翌年に現在の駅名に改称。
現在の駅舎は昭和31年に建てられたものと思われる。
れとろ駅舎HOME >> 近畿のれとろ駅舎 >> 汐見橋駅
れとろ駅舎 Copyright (C) Com-it & Matcha All Rights Reserved.
汐見橋駅
駅舎内部 平成28年8月14日撮影

汐見橋駅
ホーム側から見た駅舎 平成28年8月14日撮影

汐見橋駅
平成11年当時の駅舎 平成11年3月23日撮影