長浜駅

ながはま
官設鉄道 北陸線
滋賀県長浜市

長浜駅
初代駅舎正面 平成23年8月1日撮影
長浜市の玄関駅。官設鉄道と琵琶湖の水運との接点として明治15年に開業し、初代駅舎は港に面した場所に設けられましたが、明治36年に駅は現在地に移転し、現在の駅東口に2代目駅舎が設けれらました。その後、初代駅舎は長らく倉庫として使用されていたようですが、昭和33年に鉄道記念物に指定され、現在は長浜鉄道スクエアの施設となっています。なお、現在の4代目駅舎は橋上駅舎ですが、初代駅舎のデザインを意識したものとなっています。
【分類】 旧駅舎(駅移転)
【考察】 明治15年の駅開業時の初代駅舎が現存している。
れとろ駅舎HOME >> 近畿のれとろ駅舎 >> 長浜駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
長浜駅
現在の橋上駅舎(東口) 平成23年8月1日撮影

長浜駅
現在の橋上駅舎(西口) 平成23年8月1日撮影