長浜駅 ながはま
官設鉄道 北陸線
滋賀県長浜市

長浜駅
駅舎正面 平成23年8月1日撮影
長浜市の玄関駅。駅の歴史は古く、鉄道と琵琶湖の水運との接点として明治15年に開業しましたが、付近の路線の変遷が複雑で、かつ初代駅舎が建っている場所が現在の駅構内から若干離れているため、駅開業時の駅構内と現在の駅構内の位置関係はよくわかっていません。

明治36年には現在の駅東口に2代目の駅舎が設けられ、初代駅舎は現役を退きましたが、その後取り壊されることはなく、鉄道記念物への指定を経て、現在は長浜鉄道スクエアの施設となっています。また、現在の4代目駅舎は橋上駅舎ですが、初代駅舎のデザインをふんだんに取り入れたものとなっています。
【分類】 旧駅舎(駅移転)
【考察】 明治15年の駅開業時の初代駅舎が現存している。
れとろ駅舎HOME >> 近畿のれとろ駅舎 >> 長浜駅
れとろ駅舎 Copyright (C) Com-it & Matcha All Rights Reserved.
長浜駅
現在の橋上駅舎(東口) 平成23年8月1日撮影

長浜駅
現在の橋上駅舎(西口) 平成23年8月1日撮影