妙見口駅

みょうけんぐち
能勢電鉄 妙見線
大阪府豊能郡豊能町

妙見口駅
駅舎 H22(2010).8.8
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は大正12年に「妙見」駅として開業し、昭和40年に現在の駅名に
改称。現在の駅舎は駅開業当時からのものとする資料と、昭和31年に
建てられたとする資料がある。
れとろ駅舎HOME >> 近畿のれとろ駅舎 >> 妙見口駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
豊能郡豊能町にある、妙見線の終点駅。妙高山・能勢妙見の下車駅で、妙高山へ登る妙見の森ケーブルの黒川駅は徒歩20分ほどの場所にあり、バスの便もあります。
駅のある豊能町は、町の中心部がある東部地区と能勢電鉄が通る西部地区が山によって隔絶されており、当駅は西部地区の農村地帯に位置していますが、同じ地区内のときわ台駅や光風台駅の周辺には住宅地が広がっています。
妙見口駅
駅舎 H12(2000).11.25
妙見口駅
ホーム側から見た駅舎 H12(2000).11.25
【切符】
妙見口駅 きっぷ