水間観音駅

みずまかんのん
水間鉄道 水間線
大阪府貝塚市

水間観音駅
駅舎正面 平成22年11月26日撮影
水間鉄道の終点駅。水間鉄道は水間観音(水間寺)への参詣客輸送を目的として設立された鉄道で、開業当時からの駅舎は寺院風の建築となっており、現在は国の登録有形文化財となっています。また、水間観音は駅の南方500メートルほどの場所にあり、参道には商店や民家が建ち並んでいます。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は大正15年に「水間」駅として開業し、平成21年に現在の駅名に改称。
現在の駅舎は駅開業当時からのもの。
れとろ駅舎HOME >> 近畿のれとろ駅舎 >> 水間観音駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
水間駅
水間駅当時の駅舎 平成12年12月23日撮影