三木駅 みき
神戸電鉄 粟生線
兵庫県三木市

三木駅(神戸電鉄)
駅舎正面 平成19年8月7日撮影
三木市の市街地にある駅。
駅前を流れる美嚢川には福有橋という名の橋が架かっており、その向こうには中世から三木城の城下町として栄えてきた旧来からの市街地が広がっています。また、当駅の開業時にはすでに市街地の西側に播丹鉄道(後の国鉄三木線→三木鉄道/廃止)の三木駅が開業していたため、当駅は橋の名を採って「三木福有橋」駅と称していた時期があり、現在でも駅前にあるバス停の名称は「福有橋」となっています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は昭和13年に「三木福有橋」駅として開業し、昭和29年の「電鉄三木」駅改称を経て昭和63年に現在の駅名に改称。現在の駅舎の建築時期は不明。
れとろ駅舎HOME >> 近畿のれとろ駅舎 >> 三木駅(神戸電鉄)
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
三木駅(神戸電鉄)
駅舎側面 平成19年8月7日撮影

三木駅(神戸電鉄)
上りホーム側駅舎 平成19年8月7日撮影

三木駅(神戸電鉄)
平成11年当時の駅舎 平成11年9月4日撮影