黒川駅 くろかわ
能勢電鉄 鋼索線
兵庫県川西市

黒川駅
駅舎正面 平成22年8月8日撮影
能勢電鉄鋼索線(通称・妙見の森ケーブル)の山麓駅。鉄道線の妙見口駅とはバスで結ばれていますが、徒歩でも20分ほどでたどり着くことができます。また、平成22年の訪問時には「妙見ケーブル」という通称でしたが、平成25年から現在の通称が用いられています。

このケーブルカーは大正時代に開業したものが前身で、当時は下部線と上部線の2つに分かれていたそうですが、戦時中に一度廃止されています。その後、昭和35年に旧・下部線が再開業し現在の姿となりましたが、上部線はリフトに転換されました。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は大正13年に「滝谷」駅として開業し、昭和19年に廃止。昭和35年に現在の駅名で再開業。
現在の駅舎は昭和35年の再開業時に建てられたものと思われる。
れとろ駅舎HOME >> 近畿のれとろ駅舎 >> 黒川駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
黒川駅
平成15年当時の駅舎 平成15年4月7日撮影