高野口駅 こうやぐち
JR西日本 和歌山線
和歌山県橋本市

高野口駅
駅舎正面 平成18年8月6日撮影
橋本市高野口地区(旧・伊都郡高野口町)の玄関駅。駅の南側に広がる名倉の町は、紀の川の対岸に九度山の町を控え、古来から高野山への玄関口として栄えてきたところでした。一時期は高野山の一般的な参詣ルートから外れたものの、鉄道の開通により再び高野山の玄関口としての役割を担い、町の名も「高野口」と改められました。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治34年に「名倉」駅として開業し、翌々年に現在の駅名に改称。現在の駅舎は明治45年に建てられたものと思われる。
れとろ駅舎HOME >> 近畿のれとろ駅舎 >> 高野口駅
れとろ駅舎 Copyright (C) Com-it & Matcha All Rights Reserved.
高野口駅
ホーム側から見た駅舎 平成18年8月6日撮影

高野口駅
平成6年当時の駅舎 平成6年3月26日撮影