橿原神宮前駅

かしはらじんぐうまえ
近鉄 橿原線
奈良県橿原市

橿原神宮前駅
中央口駅舎正面 平成28年8月14日撮影
近鉄橿原線、南大阪線、吉野線が接続するターミナル駅。駅の北西方にある橿原神宮の下車駅となっており、駅の周囲には商業ビルやホテル、住宅などが建ち並んでいます。当駅の変遷は複雑で、大正末期から昭和初期にかけて、当時の大阪電気軌道(現在の橿原線ほか)、吉野鉄道(現在の吉野線)、大阪鉄道(現在の南大阪線)の3つの鉄道会社が付近に開業した複数の駅を、紀元2600年記念行事に伴う橿原神宮の整備の一環として統合し、現在の形となっています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 大正12年に現在地の北西に開業した「橿原神宮前」駅と、昭和4年に付近に開業した「久米寺」駅を、昭和14年から15年にかけて統合・移設の上「橿原神宮駅」駅となり、昭和45年に現在の駅名に改称。現在の中央口駅舎は駅統合・移設時に建てられたもの。
れとろ駅舎HOME >> 近畿のれとろ駅舎 >> 橿原神宮前駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
橿原神宮前駅
別角度から見た中央口駅舎 平成28年8月14日撮影

橿原神宮前駅
中央口駅舎内部 平成14年4月14日撮影

橿原神宮前駅
ホーム側から見た中央口駅舎 平成28年8月14日撮影

橿原神宮前駅
平成14年当時の中央口駅舎 平成14年4月14日撮影

橿原神宮前駅
西口駅舎 平成14年4月14日撮影

橿原神宮前駅
東口駅舎 平成14年4月14日撮影