稲荷駅 いなり
JR西日本 奈良線
京都府京都市伏見区

稲荷駅
駅舎正面 平成23年7月27日撮影
京都市伏見区にある駅。駅は細い路地に面しており、駅前には伏見稲荷大社の境内が広がっています。
当駅は現在の東海道本線の駅として開業しましたが、後に現在の膳所−京都駅間が現在のルートに変更されるとともに、当駅から奈良線桃山駅までの新線が開業。当駅を含む区間が奈良線となり、奈良線の旧・京都−桃山駅間のほとんどは奈良電気鉄道(現在の近鉄京都線)の線路用地に転用されました。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治12年に官設鉄道(後の東海道本線)の駅として開業し、大正10年の東海道本線のルート変更に伴い奈良線の駅となる。現在の駅舎は昭和10年に建てられたもの。
れとろ駅舎HOME >> 近畿のれとろ駅舎 >> 稲荷駅
れとろ駅舎 Copyright (C) Com-it & Matcha All Rights Reserved.
稲荷駅
駅舎内部 平成23年7月27日撮影

稲荷駅
平成9年当時の駅舎 平成9年3月13日撮影