ケーブル八瀬駅

けーぶるやせ
京福電気鉄道 鋼索線
京都府京都市左京区

ケーブル八瀬駅
駅舎 H28(2016).8.14
【分類】 現役駅舎
【考察】 大正14年に「西塔橋」駅として開業し、昭和40年の「ケーブル八瀬
遊園」駅への改称を経て、平成14年に現在の駅名に改称。現在の駅舎
は駅開業当時からのものと思われる。
れとろ駅舎HOME >> 近畿のれとろ駅舎 >> ケーブル八瀬駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
京福電気鉄道鋼索線(叡山ケーブル)の山麓側の駅。叡山電鉄八瀬比叡山口駅から高野川を挟んだ対岸に位置し、比叡山へ向かう中継点として機能しています。
叡山電鉄叡山本線と叡山ケーブルは、どちらも京都電燈という会社によって開設され、後に京福電気鉄道の経営となりました。その後、昭和61年には叡山本線は同社の鞍馬線とともに叡山電鉄として分離独立しましたが、叡山ケーブルは京福電気鉄道による営業が続けられています。
ケーブル八瀬駅
駅舎内部 H28(2016).8.14
ケーブル八瀬駅
駅舎 H15(2003).8.31