弥富駅

やとみ
JR東海 関西本線
愛知県弥富市

弥富駅
駅舎 H25(2013).3.9
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治28年に「前ヶ須」駅として開業し、同年中に現在の駅名に
改称。現在の駅舎は駅開業当時からのものと思われるが、大幅に改装
されている。
れとろ駅舎HOME >> 東海のれとろ駅舎 >> 弥富駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
弥富市(旧・海部郡弥富町)の中心部にある駅。名鉄尾西線の接続駅で、かつては窓口業務が名鉄に委託されていたことがあり、その当時は窓口でJRの切符を購入すると、JRの地紋に名鉄の印字様式という珍しい切符が発券されていました。
なお、名古屋・桑名方面へは関西本線と並走する近鉄名古屋線の利便性が高く、近くにある近鉄弥富駅が実質的な市の玄関駅の役割を担っています。
弥富駅
ホーム側から見た駅舎 H25(2013).3.9
弥富駅
駅舎 H8(1996).2.25
【切符】
弥富駅 きっぷ