滝原駅

たきはら
JR東海 紀勢本線
三重県多気郡大台町

滝原駅
旧駅舎正面 平成15年2月25日撮影
大内山川が形成する谷間にある駅。駅名の由来となった滝原の町は、伊勢神宮内宮(皇大神宮)の別宮とされる瀧原宮(たきはらのみや)の門前町として、また、熊野古道伊勢路の中継点としても古くから栄えてきたところで、現在は度会郡大紀町(旧・度会郡大宮町)の中心部となっています。なお、駅は滝原の町から大内山川を挟んだ対岸に設けられており、隣町の多気郡大台町の町域に属しています。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅が開業した大正15年当時からの駅舎と思われる。
駅は大正15年に開業。写真の旧駅舎の建築時期は不明。平成19年に現在の駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 東海のれとろ駅舎 >> 滝原駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
滝原駅
ホーム側から見た旧駅舎 平成15年2月25日撮影