武豊駅

たけとよ
JR東海 武豊線
愛知県知多郡武豊町

武豊駅
駅舎正面 平成22年8月3日撮影
知多郡武豊町にある、武豊線の終点駅。周囲には町の中心部が広がっており、400メートルほど南西方には名鉄知多武豊駅があります。武豊線は現在の東海道本線の建設資材を運搬するために敷設された歴史の古い路線で、開業当時の武豊駅は南方の港に面した場所に設けられていましたが、数年後には現在地に駅が移転しています。また、旧駅跡地はその後武豊港貨物駅として機能していましたが、昭和40年に当駅−武豊港貨物駅間は廃止となり、その廃線跡は道路として利用されています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治19年に現在地より南方に開業し、明治25年に現在地に移転。現在の駅舎は昭和9年に建てられたものとされるが、建物財産標には「T11年3月」と記されている。
れとろ駅舎HOME >> 東海のれとろ駅舎 >> 武豊駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
武豊駅
ホーム側から見た駅舎と停車中の列車 平成22年8月3日撮影

武豊駅
平成10年当時の駅舎 平成10年8月8日撮影