裾野駅 すその
JR東海 御殿場線
静岡県裾野市

裾野駅
駅舎正面 平成27年3月26日撮影
裾野市の玄関駅。駅前には市街地が広がっており、商業施設や住宅が建ち並んでいます。また、駅構内の東側にも簡素な駅舎が設けられており、こちらは静かな住宅地に面しています。
当駅は東海道本線の駅として開業し、当初の駅名は当時の駿東郡佐野村から採られたようですが、その直後に現在の市街地は駿東郡小泉村、駅の所在地は駿東郡泉村となりました。大正4年には、由来は諸説ありますが駅名を「裾野」に改称。また、昭和9年には東海道本線がルートを熱海経由に変更し、当駅を含む区間が御殿場線として分離されるなどの変化がありましたが、昭和27年に小泉村と泉村が合併し裾野町(後の昭和47年市制施行)が成立し、ようやく自治体名と駅名が同一のものとなりました。
【分類】 現役駅舎
【考察】 明治22年に「佐野」駅として開業し、大正4年に現在の駅名に改称。
現在の駅舎は駅開業前の明治21年に建てられたものと思われるが、大幅に改装されている。
れとろ駅舎HOME >> 東海のれとろ駅舎 >> 裾野駅
れとろ駅舎 Copyright (C) Com-it & Matcha All Rights Reserved.
裾野駅
ホーム側から見た駅舎 平成27年3月26日撮影

裾野駅
平成11年当時の駅舎 平成11年8月9日撮影

裾野駅
東口駅舎 平成27年3月26日撮影