桜駅 さくら
近鉄 湯の山線
三重県四日市市

桜駅
旧駅舎正面 平成10年3月22日撮影
四日市市の郊外にある駅。
駅の周囲には住宅が建ち並んでいます。

駅の南方に広がる集落は昭和29年まで三重郡桜村の中心部だった場所で、駅開業時は集落の中心部に近い場所まで迂回して線路が敷設されていましたが、昭和39年に湯の山線の改軌工事が行われた際に線路の迂回を解消し、駅が現在地に移転しました。また、利用客増、構内踏み切りの解消、駅の裏手(北側)への駅前広場設置などの理由から、現在の駅舎は地下駅舎となっています。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は大正2年に「桜村」駅として開業し、昭和29年に現在の駅名に改称。昭和39年に現在地に移設。写真の旧駅舎は駅移設時に建てられたものと思われるが、平成11年に現在の地下駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 東海のれとろ駅舎 >> 桜駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.