尾張瀬戸駅

おわりせと
名鉄 瀬戸線
愛知県瀬戸市

尾張瀬戸駅
旧駅舎正面 平成8年10月10日撮影
陶磁器(瀬戸焼・せともの)の町と知られる瀬戸市の玄関駅で、瀬戸線の終点駅となっています。駅の周囲には市の中心市街地が広がっており、公共施設や商業ビル、住宅などが建ち並んでいます。また、旧駅舎は瀬戸川沿いの道路に直接面していたため、駅前広場が設けられていませんでしたが、駅周辺の再開発に伴い駅は若干西側に移転し、現在は旧駅跡地に建てられた複合施設に隣接してロータリーも設置されています。なお、解体された旧駅舎の一部は市内の観光施設に復元・展示されています。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は明治38年に「瀬戸」駅として開業し、大正10年に現在の駅名に改称。写真の旧駅舎は大正時代末期に建てられたもの。平成13年に駅を若干移転の上現在の駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 東海のれとろ駅舎 >> 尾張瀬戸駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
尾張瀬戸駅
旧駅舎側面 平成8年10月10日撮影