尾張一宮駅 おわりいちのみや
JR東海 東海道本線
愛知県一宮市

尾張一宮駅
平成8年当時の旧駅ビル 平成8年3月26日撮影
愛知県北部の中核都市である、一宮市の玄関駅。
駅前には市街地が広がっており、商業ビルやマンションなどが建ち並んでいます。

また、隣接している名鉄一宮駅(旧・新一宮駅)は、かつてはJRとの共用駅として、東側のJR駅舎、西側の名鉄駅舎それぞれからの出入りが可能でしたが、駅の高架化を機に改札口は分離されました。また、JRの旧駅ビルは解体後しばらく更地となっていましたが、現在は新たに駅ビルが建てられています。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は明治19年に「一ノ宮」駅として開業し、大正15年の「尾張一ノ宮」駅への改称を経て昭和27年に現在の表記となる。写真の旧駅ビルは昭和26年に建てられたもの。平成元年頃に駅が高架化され、平成19年に旧駅ビルを解体。平成27年に現在の駅ビルが完成。
れとろ駅舎HOME >> 東海のれとろ駅舎 >> 尾張一宮駅
れとろ駅舎 Copyright (C) Com-it & Matcha All Rights Reserved.
尾張一宮駅
平成13年当時の旧駅ビル 平成13年7月14日撮影

尾張一宮駅
ホーム側から見た旧駅ビル 平成13年7月14日撮影

尾張一宮駅
旧駅ビル解体後の駅入口 平成22年8月3日撮影