西中金駅 にしなかがね
名鉄 三河線
愛知県豊田市

西中金駅
旧駅舎正面 平成12年7月30日撮影
豊田市の山間部にかつて存在した、三河線の終点駅。駅は国道153号線に面していました。

路線は東方に8キロほど先にある豊田市足助地区(旧・東加茂郡足助町)の中心部まで延びる予定でしたが、当駅から先の工事は中止され、バスによる連絡輸送が行われていました。また、昭和60年には猿投−当駅間の電車運転が取り止めとなり、レールバスによる折り返し運転が行われていましたが、平成16年には同区間は廃止となり、当駅も廃駅となりました。なお、廃止後しばらくの間、駅舎はバスの待合所として利用されていましたが、その後バス停は移転。平成19年には旧駅舎とホームが国の登録有形文化財となりました。
【分類】 旧駅舎(現存)
【考察】 駅は昭和3年に開業。写真の旧駅舎は昭和5年に建てられたものと思われるが、平成16年に路線廃止に伴い廃駅。
れとろ駅舎HOME >> 東海のれとろ駅舎 >> 西中金駅
れとろ駅舎 Copyright (C) Com-it & Matcha All Rights Reserved.
西中金駅
ホーム側から見た旧駅舎 平成12年7月30日撮影

西中金駅
旧駅舎と旧駅構内 平成12年7月30日撮影

西中金駅
廃止後の旧駅舎 平成22年8月22日撮影

西中金駅
ホーム側から見た廃止後の旧駅舎 平成22年8月22日撮影