三河一宮駅 みかわいちのみや
JR東海 飯田線
愛知県豊川市

三河一宮駅
駅舎正面 平成21年8月18日撮影
豊川市一宮地区(旧・宝飯郡一宮町)の玄関駅。
駅前には住宅や商店が建ち並んでおり、東方500メートルほどの場所には地名や駅名の由来となった三河国一宮の砥鹿神社があります。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治30年に「一ノ宮」駅として開業し、昭和18年の路線国有化時に現在の駅名に改称。
現在の駅舎は昭和13年に建てられたものと思われる。
れとろ駅舎HOME >> 東海のれとろ駅舎 >> 三河一宮駅
れとろ駅舎 Copyright (C) Com-it & Matcha All Rights Reserved.
三河一宮駅
ホーム側から見た駅舎 平成21年8月18日撮影

三河一宮駅
平成6年当時の駅舎 平成6年8月4日撮影