三島駅 みしま
JR東海 東海道本線
静岡県三島市

三島駅
旧南口駅舎正面 平成20年3月2日撮影
三島市の玄関駅。三島の町は旧伊豆国の中心地として、また、三嶋大社の鳥居前町や旧東海道の宿場町としても栄えてきたところで、駅は市の中心市街地の北側に位置しており、駅前には商業ビルなどが建ち並んでいます。また、当駅や東海道本線の現在ルートが開業する昭和9年までは、旧ルート(現在の御殿場線)の下土狩駅が「三島」駅と称しており、現在は当駅に接続している伊豆箱根鉄道駿豆線も、当駅開業前は下土狩駅に接続していました。なお、併設されている東海道新幹線の駅は開通の5年目に新たに設けられたもので、開通当初は車両基地などの設備のみが設けられていました。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は昭和9年に開業。写真の旧南口駅舎は駅開業当時からのもので、平成23年に現在の駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 東海のれとろ駅舎 >> 三島駅
れとろ駅舎 Copyright (C) Com-it & Matcha All Rights Reserved.
三島駅
平成9年当時の旧南口駅舎 平成9年頃撮影

三島駅
北口駅舎 平成13年5月3日撮影