美濃市駅 みのし
長良川鉄道 越美南線
岐阜県美濃市

美濃市駅
駅舎正面 平成14年11月10日撮影
美濃市の玄関駅。
当駅は市街地の南東の端に位置し、駅前には民家や商店が建ち並んでいます。また、駅前の通りを150メートルほど進んだ先には、名鉄美濃町線の終点・美濃駅がありましたが、平成11年の美濃町線新関−美濃駅間部分廃止に伴い、その役割を終えました。

美濃の町は旧称を上有知(こうずち)といい、小倉山城の城下町として、また、長良川水運の中継地として江戸時代から栄えてきた町で、美濃和紙の特産地としても知られています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は大正12年に「美濃町」駅として開業し、昭和29年に現在の駅名に改称。昭和61年に国鉄より長良川鉄道に移管。現在の駅舎は駅開業当時からのものと思われる。
れとろ駅舎HOME >> 東海のれとろ駅舎 >> 美濃市駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
美濃市駅
平成9年当時の駅舎 平成9年12月27日撮影

美濃市駅
ホーム側から見た駅舎 平成9年12月27日日撮影