熊野市駅

くまのし
JR東海 紀勢本線
三重県熊野市

熊野市駅
駅舎正面 平成13年2月11日撮影
熊野市の玄関駅。駅の周囲には市街地が広がっており、駅前には商業施設や公共機関、住宅などが建ち並んでいます。熊野市の旧来からの市街地である木本(きのもと)地区は、奥熊野と呼ばれた周辺地域の中心地として古来から栄えてきたところで、江戸時代には奥熊野代官所が置かれていました。また、市街地東方の景勝地・鬼ヶ城付近を北端とする七里御浜という海岸が、和歌山県との県境付近まで20キロ以上にわたって続いています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は昭和15年に「紀伊木本」駅として開業し、昭和34年に現在の駅名に改称。
現在の駅舎は駅開業当時からのものと思われるが、大幅に改装されている。
れとろ駅舎HOME >> 東海のれとろ駅舎 >> 熊野市駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.