加佐登駅

かさど
JR東海 関西本線
三重県鈴鹿市

加佐登駅
駅舎正面 平成25年3月9日撮影
鈴鹿市の郊外にある駅。駅は東海道の旧宿場町・庄野宿の町並みの外れに設けられており、山裾の細い道路に面して駅舎が建っています。なお、かつてはみどりの窓口が設置されていたこともありましたが、利用客数の減少に伴い現在は無人駅となっています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治23年に開業。現在の駅舎の建築時期は不明だが、建物財産標には「明治24年12月」とある。大正6年に駅舎一部改築の記録あり。
れとろ駅舎HOME >> 東海のれとろ駅舎 >> 加佐登駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
加佐登駅
ホーム側から見た駅舎 平成25年3月9日撮影

加佐登駅
平成14年当時の駅舎 平成10年3月8日撮影