可児駅 かに
JR東海 太多線
岐阜県可児市

可児駅
駅舎正面 平成22年10月16日撮影
可児市の玄関駅。
名鉄新可児駅と隣接するターミナル駅ですが、駅は可児市の中心市街地から可児川を挟んだ対岸に位置しており、駅前には住宅や商店、駐車場などが混在しています。

当駅は多治見と御嵩を結ぶ東濃鉄道の広見駅として開業し、場所も広見の町により近接した場所に設けられていましたが、後に多治見−当駅間のみが国有化され、現在の太多線の一部となりました。また、残された御嵩までの路線は東美鉄道として独立。駅移転後に当駅に乗り入れた名鉄広見線とともに駅設備を分離(新広見駅→現在の新可児駅)し、後に東美鉄道は名鉄広見線の一部となりました。

【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は大正7年に「広見」駅として開業し、昭和3年に現在地に移転。昭和57年に現在の駅名に改称。
現在の駅舎は駅移転当時からのものと思われる。
れとろ駅舎HOME >> 東海のれとろ駅舎 >> 可児駅
れとろ駅舎 Copyright (C) Com-it & Matcha All Rights Reserved.
可児駅
平成10年当時の駅舎 平成10年1月20日撮影