金指駅

かなさし
天竜浜名湖鉄道 天竜浜名湖線
静岡県浜松市北区

金指駅
駅舎全景 R1(2019).8.7
【分類】 現役駅舎
【考察】 大正3年に浜松軽便鉄道(後の遠州鉄道奥山線)の駅として開業。昭和
13年に官設鉄道二俣西線(後の国鉄二俣線→天竜浜名湖鉄道)が乗り
入れ、昭和39年に遠州鉄道奥山線は廃止。昭和62年に国鉄から天竜
浜名湖鉄道に移管。現在の駅舎は昭和13年に建てられた同線の気賀駅
駅舎と同じ形をしており、官設鉄道の乗り入れ時に建てられたものと
思われるが、移管後、正面部分に2階建ての建物が増築されている。
れとろ駅舎HOME >> 東海のれとろ駅舎 >> 金指駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
浜松市北区引佐地区(旧・引佐郡引佐町)の玄関駅。駅前には地区の中心市街地が広がっており、商店や民家が建ち並んでいます。
また、現在は貨物輸送は廃止されていますが、駅の北方にあったセメント工場までの専用線の跡や、JAの倉庫に面した側線の跡が見られます。
金指駅
駅舎 R1(2019).8.7
金指駅
駅舎内部 R1(2019).8.7
金指駅
ホーム側から見た駅舎 R1(2019).8.7
金指駅
駅舎 H15(2003).9.13
金指駅
ホーム側から見た駅舎 H15(2003).9.13
金指駅
ホームと上屋 H15(2003).9.13
【切符】
金指駅 きっぷ金指駅 きっぷ