釜戸駅

かまど
JR東海 中央本線
岐阜県瑞浪市

釜戸駅
駅舎 H18(2006).11.5
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅が開業した明治35年当時からの駅舎と思われる。
れとろ駅舎HOME >> 東海のれとろ駅舎 >> 釜戸駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
瑞浪市の郊外にある駅。駅前には民家や商店が建ち並んでいます。
駅の周囲は土岐川が形成する谷で、古くからの交通路であった中山道はこの谷を避け、北方の尾根に沿って大湫(おおくて)宿を経由していましたが、後に下街道と呼ばれる脇往還が大井宿(現在の恵那市市街地)の外れから名古屋方面へ向けて分岐し、釜戸の町を経由するようになりました。
釜戸駅
ホーム側から見た駅舎 H18(2006).11.5
釜戸駅
駅舎 H8(1996).4.8
【切符】
釜戸駅 きっぷ