掛川駅

かけがわ
JR東海 東海道本線
静岡県掛川市

掛川駅
北口駅舎 R1(2019).8.3
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治22年に開業。現在の北口駅舎は昭和15年に建てられたもの
だが、耐震化工事のため一度解体し、平成26年に復元されている。
れとろ駅舎HOME >> 東海のれとろ駅舎 >> 掛川駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
掛川市の玄関駅。掛川の町は古くから掛川城の城下町や東海道の宿場町として栄えてきたところで、駅前には商業ビルや宿泊施設などが建ち並んでいます。
また、当駅は天竜浜名湖鉄道の接続駅となっており、昭和63年には新幹線駅も併設されましたが、町のシンボルとして親しまれてきた北口(在来線口)の木造駅舎は新幹線停車駅となった後も残存。耐震化工事のため平成24年から26年頃にかけて一度解体されましたが、現在は元の姿に復元されています。
掛川駅
北口駅舎内部 R1(2019).8.2
掛川駅
ホーム側から見た北口駅舎 R1(2019).8.2
掛川駅
北口駅舎 H6(1994).8.15
掛川駅
南口駅舎 H27(2015).3.26
【切符】
掛川駅 きっぷ掛川駅 きっぷ
掛川駅 きっぷ