一身田駅 いしんでん
JR東海 紀勢本線
三重県津市

一身田駅
駅舎正面 平成22年8月16日撮影
津市の北部にある駅。
駅の東側には高田本山専修寺があり、その周囲には寺内町である一身田の町並みが広がっています。

なお、専修寺に近接しているにもかかわらず、開業時の駅の所在地は専修寺のある奄芸郡(後に河芸郡)一身田村ではなく隣村の奄芸郡(後に河芸郡→安芸郡)大里村の村域となっており、一身田村が町制施行し、昭和29年に津市と合併した後も、駅の所在地は大里村のまま推移。後に大里村は隣接する高尾野村との合併により豊里村となり、昭和48年にようやく津市の一部となりました。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治24年に開業。現在の駅舎は大正12年に建てられたものと思われる。
れとろ駅舎HOME >> 東海のれとろ駅舎 >> 一身田駅
れとろ駅舎 Copyright (C) Com-it & Matcha All Rights Reserved.
一身田駅
駅舎入口 平成22年8月16日撮影

一身田駅
平成8年当時の駅舎 平成8年7月28日撮影