稲沢駅 いなざわ
JR東海 東海道本線
愛知県稲沢市

稲沢駅
平成8年当時の旧駅舎 平成8年3月26日撮影
稲沢市の中心市街地の東端部にある駅。
駅前には商業ビルや住宅などが建ち並び、駅の南方には広大な貨物駅が広がっています。

当駅の東方に2キロ弱ほどの場所には、尾張大国霊神社(国府宮:こうのみや)と、稲沢市の実質的な玄関駅の役割を担う名鉄国府宮駅があり、そのさらに東方には古くから旧美濃路の宿場町として栄え、稲沢という地名の由来となった稲葉・小沢の両地区が広がっています。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は明治37年に開業。写真の旧駅舎の建築時期は不明だが、昭和28年に駅舎一部改築の記録あり。平成12年に現在の橋上駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 東海のれとろ駅舎 >> 稲沢駅
れとろ駅舎 Copyright (C) Com-it & Matcha All Rights Reserved.
稲沢駅
平成10年当時の旧駅舎 平成10年3月頃撮影

稲沢駅
現在の橋上駅舎 平成13年7月14日撮影