猪田道駅

いだみち
伊賀鉄道 伊賀線
三重県伊賀市

猪田道駅
駅舎(伊賀神戸方面のりば) H22(2010).8.16
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は大正11年に開業。現在の駅舎の建築時期は不明。
平成19年に近鉄から伊賀鉄道へ移管。
れとろ駅舎HOME >> 東海のれとろ駅舎 >> 猪田道駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
伊賀市(旧・上野市)の郊外にある駅。駅は依那具という地区に設けられていますが、駅名は西方の猪田地区(駅開業当時は名賀郡猪田村)に通じる道に接して駅が設けられたことに由来しているようです。
また、2本あるホームは構内通路により結ばれていましたが、近鉄時代の駅無人化に伴い構内通路を廃止。旧来の駅舎は伊賀神戸方面のりば専用となり、上野市方面のりばには別に出入口が設けられました。
猪田道駅
駅舎内部 R3(2021).7.24
猪田道駅
ホーム側から見た駅舎 H22(2010).8.16
猪田道駅
上野市方面のりば入口 H22(2010).8.16
猪田道駅
近鉄当時の駅舎 H10(1998).3.8
【切符】
猪田道駅 きっぷ