姫駅 ひめ
JR東海 太多線
岐阜県多治見市

姫駅
旧駅舎正面 平成14年11月20日撮影
多治見市の郊外にある駅。駅前には民家が建ち並び、周囲には田畑が広がっています。また、駅の所在地は昭和35年までは可児郡姫治(ひめじ)村という自治体でしたが、合併計画を巡って紛糾し、最終的には村の南側が多治見市と、北側が可児郡可児町(現在の可児市)との合併を選択。そのため、現在でも姫の地名が両市域に跨って残っています。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は昭和3年に開業。写真の旧駅舎は駅開業当時からのものと思われる。平成18年に現在の駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 東海のれとろ駅舎 >> 姫駅
れとろ駅舎 Copyright (C) Com-it & Matcha All Rights Reserved.
姫駅
ホーム側から見た旧駅舎 平成14年11月20日撮影