横山駅

よこやま
JR西日本 七尾線
石川県かほく市

横山駅
旧駅舎正面 平成15年6月15日撮影
かほく市宇ノ気地区(旧・河北郡宇ノ気町)にある駅。駅前には民家が建ち並び、その周囲には田畑が広がっています。上り、下りの2つのホームが相対しているシンプルな構造の駅で、駅舎は上りホーム側に面しており、それぞれのホームは跨線橋によって結ばれていますが、駅の裏手にあたる西側にも住宅が多いため、跨線橋は直接駅の西側からも出入りできる構造となっています。また、下りホームにも駅の西側への出入り口が設けられており、駅には合計3箇所の出入り口が存在しています。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は明治31年に開業。写真の旧駅舎の建築時期は不明。平成22年に現在の駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 甲信北陸のれとろ駅舎 >> 横山駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
横山駅
ホーム側から見た旧駅舎 平成15年6月15日撮影