上野原駅 うえのはら
JR東日本 中央本線
山梨県上野原市

上野原駅
ホーム上にある駅舎 平成20年3月23日撮影
上野原市の玄関駅。
上野原の町は桂川北側の河岸段丘上に広がっており、古くから甲州街道の宿場町として栄えてきたところですが、駅は河岸段丘の崖下にあたる桂川のほとりの狭い場所に設置されているため、駅の南北それぞれに繋がる跨線橋から、ホームの真ん中に設置された駅舎に出入りするという珍しい構造となっています。

また、駅のある場所は開業当時は北都留郡上野原町の町域ではなく、隣の北都留郡島田村の村域でしたが、昭和30年の合併により上野原町の一部となり、平成17年の合併により市制施行されています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治34年に開業。現在の駅舎の建築時期は不明。
れとろ駅舎HOME >> 甲信北陸のれとろ駅舎 >> 上野原駅
れとろ駅舎 Copyright (C) Com-it & Matcha All Rights Reserved.
上野原駅
駅南口 平成20年3月23日撮影