土樽駅

つちたる
JR東日本 上越線
新潟県南魚沼郡湯沢町

土樽駅
駅舎正面 平成19年10月14日撮影
南魚沼郡湯沢町にある駅。駅名は駅開業当時の村名(南魚沼郡土樽村)に由来しているようですが、旧村の中心部は隣の越後中里駅周辺に広がっており、当駅の周囲には民家はほとんどありません。また、群馬県との県境・谷川岳を貫く清水トンネルの出入り口に接しており、平成19年の訪問時には列車の待避線と通過線が設けられていましたが、現在は待避線は廃止され、上下線それぞれに直接ホームが接するシンプルな構造の駅となっています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は昭和6年に信号場として開設され、昭和16年に駅に昇格。
現在の駅舎の建築時期は不明。
れとろ駅舎HOME >> 甲信北陸のれとろ駅舎 >> 土樽駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
土樽駅
跨線橋から見た駅舎 平成19年10月14日撮影