天竜峡駅 てんりゅうきょう
JR東海 飯田線
長野県飯田市

天竜峡駅
駅舎正面 平成21年4月12日撮影
飯田市の南部にある駅。伊那谷(伊那盆地)を南下してきた天竜川は、当駅付近から下流部にかけて険しい渓谷を形成しており、名勝・天竜峡として観光客を集めています。当駅はその観光拠点として機能しており、駅前には土産物屋や飲食店などが建ち並んでいるほか、近くには観光舟下りの船着場や温泉旅館があります。

また、当駅付近が伊那谷の南端にあたることと、昭和18年の路線国有化までは当駅が伊那電気鉄道と三信鉄道の接続駅となっていたこともあり、現在でも列車運行上の区切りの駅として当駅を始発・終着とする列車が多く設定されています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅が開業した昭和2年当時からの駅舎。
れとろ駅舎HOME >> 甲信北陸のれとろ駅舎 >> 天竜峡駅
れとろ駅舎 Copyright (C) Com-it & Matcha All Rights Reserved.
天竜峡駅
ホーム側から見た駅舎 平成21年4月12日撮影

天竜峡駅
平成16年当時の駅舎 平成16年4月18日撮影