神明駅 しんめい
福井鉄道 福武線
福井県鯖江市

神明駅
駅舎正面 平成13年6月10日撮影
鯖江市の郊外にある駅。明治30年に設置され戦後廃止された「陸軍鯖江歩兵隊第三十六連隊」の最寄り駅として開業し、現在でも駅前の市街地や「三六町」という町名に連隊の名残が見られます。また、隣の水落駅からはかつて鯖浦(せいほう)線が分岐していましたが、昭和48年の路線廃止後はバス路線に転換され、当駅が転換バスとの接続駅となっています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 大正13年に「兵営」駅として開業。昭和16年の「中央」駅への改称を経て、昭和21年に現在の駅名に再改称。現在の駅舎は昭和33年に建てられたもの。
れとろ駅舎HOME >> 甲信・北陸のれとろ駅舎 >> 神明駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
神明駅
ホーム側から見た駅舎 平成13年6月10日撮影