能登三井駅 のとみい
のと鉄道 七尾線
石川県輪島市

能登三井駅
旧駅舎正面 平成13年3月24日撮影
輪島市の山間部にあった駅。
駅前には民家や商店が建ち並んでおり、駅訪問時には駅舎は喫茶店として使われていました。

七尾線は穴水−輪島駅間で能登半島を横断しており、穴水駅から当駅までの区間は山越えのため11キロも離れていましたが、駅は平成13年の七尾線部分廃止に伴い廃駅となりました。
【分類】 保存駅舎(現存)
【考察】 駅は昭和10年に開業。平成3年にJR西日本からのと鉄道に移管され、平成13年に廃止。
写真の旧駅舎は駅開業当時からのもの。
れとろ駅舎HOME >> 甲信北陸のれとろ駅舎 >> 能登三井駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
能登三井駅
ホーム側から見た旧駅舎 平成13年3月24日撮影