村松駅

むらまつ
蒲原鉄道
新潟県中蒲原郡村松町

村松駅
移築された初代駅舎 R2(2020).6.20
【分類】 保存駅舎(現存)
【考察】 駅は大正12年に開業し、平成11年に廃止。写真の初代駅舎は駅開業
当時に建てられたもので、二代目駅舎への改築に伴い昭和57年に
「安田民俗資料館」に移築された。
れとろ駅舎HOME >> 甲信北陸のれとろ駅舎 >> 村松駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
かつて国鉄の五泉駅と加茂駅を結んでいた蒲原鉄道は、西蒲原郡村松町(現在の五泉市村松地区)の村松駅に本社と車庫を設けていました。そのため、村松駅は開業当初から立派な駅舎を有していましたが、昭和55年頃に二代目の駅舎に建て替えられ、その後初代駅舎は10キロほど北東にある「安田民俗資料館」に移築されました。
しかしながら、現在は資料館は休止状態となっており、初代駅舎やかつて蒲原鉄道で走っていた電車、また、その他の歴史的建築物などが荒れた状態で残されています。
村松駅
初代駅舎の横に留置された車両 R2(2020).6.20
村松駅
二代目駅舎 R2(2020).6.20