三国港駅

みくにみなと
えちぜん鉄道 三国芦原線
福井県坂井市

三国港駅
駅舎正面 平成13年6月10日撮影
坂井市三国地区(旧・坂井郡三国町)にある駅。駅前には民家や商店が建ち並び、近くには海水浴場や漁港があります。当駅は元々は国有鉄道(当時の鉄道院)の三国線の駅として開業しましたが、戦時中の交通統制によって三国線は休止。並走していた三国芦原電鉄(後の三国芦原線)が末端区間を休止し三国線に乗り入れ、当駅を終点とする現在の形に改められました。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は大正3年に国有鉄道三国線の貨物駅として開業し、昭和2年に旅客取扱開始。昭和19年の国有鉄道三国線休止と同時に京福電気鉄道三国芦原線の電車が乗り入れを開始し、昭和47年の国鉄三国線廃止に伴い京福電気鉄道の単独駅となる。平成15年に京福電気鉄道からえちぜん鉄道へ移管。現在の駅舎は旅客取扱開始当時からのものと思われるが、平成22年に大幅に改装されている。
れとろ駅舎HOME >> 甲信北陸のれとろ駅舎 >> 三国港駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
三国港駅
ホーム側から見た駅舎 平成13年6月10日撮影