松代駅

まつしろ
長野電鉄 屋代線
長野県長野市

松代駅
旧駅舎正面 平成13年8月25日撮影
長野市松代地区の中心部にかつて存在していた駅。松代地区は戦国大名・真田氏の居城・海津城の城下町として栄えてきたところで、駅前には市街地が広がっていました。しかし、鉄道で長野市の中心部へ向かうには大きく迂回して須坂駅を経由しなければならず、同ルートはバス路線により短絡されていました。なお、平成13年の駅訪問当時は河東線の駅でしたが、平成14年の信州中野−木島間の廃止に伴い路線名が屋代線に変更され、平成24年には屋代線も廃止となりました。
【分類】 旧駅舎(現存)
【考察】 駅は大正11年に開業。写真の旧駅舎は駅開業当時からのもの。平成24年に路線廃止。
れとろ駅舎HOME >> 甲信・北陸のれとろ駅舎 >> 松代駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
松代駅
ホーム側から見た旧駅舎 平成13年8月25日撮影