小諸駅 こもろ
しなの鉄道
長野県小諸市

小諸駅
駅舎正面 平成18年10月15日撮影
小諸市の玄関駅。JR小海線が接続していますが、駅はしなの鉄道が管理を行っています。小諸の町は中世から小諸城の城下町として、また、江戸時代には北国街道の宿場町としても栄えてきた町で、駅前には市街地が広がっており、駅の裏手には城跡公園があります。なお、国鉄・JR信越本線の駅だった頃は特急停車駅として賑わっていましたが、平成9年に開業した北陸新幹線のルートからは外れ、現在は北陸新幹線の佐久平駅に交通結節点としての役割を譲っています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治21年に開業。現在の駅舎は昭和25年に建てられたもの。
平成9年にJR東日本からしなの鉄道に移管。
れとろ駅舎HOME >> 甲信北陸のれとろ駅舎 >> 小諸駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.